乳首を皮膚科や美容外科でピンクにするメリット・デメリット

乳首を皮膚科や美容外科でピンクにするメリット・デメリット

ちくびピンク

 

乳首の黒ずみで悩まされている方でも悩みを解消できるのが皮膚科や美容皮膚科です。

 

皮膚科や美容皮膚科ならトレチノインとハイドロキノンを使った治療もできます。

 

医師からトレチノインとハイドロキノンを処方されて自宅でケアします。

 

ひと月3~5万円かかり治療の目安は3ヶ月です。

 

またレーザーを使用して乳首の色を薄くして黒ずみを治療できます。

 

確実に希望通りの色になるとは限りませんが、色が薄くなり黒ずみが目立つことはなくなります。

 

この方法のメリットは確実に効果が出てくれるという点です。

 

色自体を直接薄くするので自宅で使用する他の商品と比較すると信頼性が高い方法です。

 

乳首の黒ずみの治療だけなら大掛かりな手術を受ける必要はありません。

 

黒ずんだ乳首の悩みを確実に解消できるので、悩んでいる方にとっていい方法ですが、デメリットもあるので注意しましょう。

 

デメリットは価格が非常に高いこと。

 

しかし、乳首の黒ずみを消すために色々な商品を購入して結局色が変わらなかったとなるとお金が無駄にかかってしまうだけなので、最初から高額のお金を払って治療をした方が得をする場合もあります。

 

乳首をピンクにするクリームを使用して少しずつ綺麗にしていく方法と比べると、肌に負担をかけてしまいます。

 

効果が出るかは個人差がありますが、それでもクリーム等で少しずつ綺麗にするのではなく、治療ですぐに色を薄くできますが治療後のお手入れには気をつけなければなりません。

 

 

本気で乳首をピンク色にしたいという時には、皮膚科や美容外科、乳首をピンクにするクリームの中からあなたに合った方法を選んでくださいね。