乳首の黒ずみの予防して、いつもピンク色の乳首でいるコツ!

乳首の黒ずみの予防して、いつもピンク色の乳首でいるコツ!

乳首をピンク色にする

 

意外と知られていませんが女性にとってバストトップの色はコンプレックスにもなりやすいのです。

 

ある程度は色白か色黒かによって本来のその人の肌の色に左右されます。

 

またそもそも私たち日本人のほとんどは黄色人種なのでバストトップも茶色が一般的でありむしろピンク色の人の方が少ないのです。

 

しかし毎日のお手入れや様々な方法で予防し乳首をピンク色にできます。

 

下着の擦れなどの刺激に注意する

 

バストトップの黒ずみの原因の一つとして擦れなどによる肌への刺激によるものが挙げられます。

 

気をつけることとしては体に合ったサイズの下着を身に着けることです。

 

ずっと同じサイズのブラジャーを使用していませんか?

 

実はブラジャーのサイズは体調の変化や体重の増減などにより変化することもあります。

 

ですから時々はバストサイズを店舗などで測ってもらいジャストサイズの下着を選ぶようにしてなるべく摩擦や刺激を肌に与えないようにしましょう。

 

古い角質を除去する

 

角質の蓄積もバストトップの色を悪くする原因になります。

 

ターンオーバーを整える為にも健康管理はもちろんのことストレスを溜めないようにし生活習慣を整えましょう。

 

古い角質を落とすためにバストトップの黒ずみに効果的な石鹸やピーリング剤は試してみる価値があるかもしれません。

 

しかし私たちが思っている以上にバストトップはデリケートな部分でなので注意してくださいね。

 

スクラブ剤などは肌を傷めかねないので避け、なるべく擦らなくても良いものを選ぶようにしましょう。

 

やり過ぎと乳首が傷つき黒ずみがひどくなってしまいます。

 

そして洗顔と同様、角質を落とした後はかならずきちんと保湿するように心がけましょう。

 

乳首をピンク色にするクリームを使用する

 

メラニン色素の生成はバストトップの黒ずみの原因です。

 

メラニンというと太陽による紫外線を受けてできてしまうシミのことをイメージする人も少なくないと思いますが、本来メラニンは刺激から肌を守ろうとしているのです。

 

パンティーラインやワキなど擦れやすく刺激を受けやすい部分が黒ずみやすいのはそのためです。

 

乳首をピンク色にするクリームは即効性がありませんが、毎日根気強くお手入れすることにより黒ずみが酷くならないよう予防し、だんだん乳首がピンク色になっていきます。

 

皮膚科で相談する

 

頑固な色素沈着が原因の黒ずみならば皮膚科で治療できます。

 

皮膚科での薬の処方によりかなり改善されます。

 

人には少し話しにくいデリケートな問題ではありますが専門医に相談できれば安心ですね。

 

 

 

よく女性はオシャレな下着を身につけることで自信を持てたり積極的になれると言います。

 

バストトップは下着と同じように普段人からは見られない部分ですが、だからこそきちんとお手入れしてピンク色の乳首になれば、コンプレックスが解消され、自信がもてるので魅力な女性になっていきます。

 

見られない部分だからと手を抜かず丁寧にお手入れすることでより魅力的な女性を目指しましょう。