乳首の黒ずみはターンオーバーと一緒に排出して乳首をピンク色に

乳首の黒ずみはターンオーバーと一緒に排出して乳首をピンク色に

黒ずみ

 

乳首の黒ずみが気になる人って、実は多いのではないでしょうか?

 

理想の色はピンク色だというイメージがあるのに、なぜか自分は茶色い?

 

しかし日本人の乳首の色は茶色が一般的だそうです。

 

そして、年齢と共に色素が濃くなって「ここまで黒っぽくなかったのに…」と焦ってしまうこともよくあります。

 

加齢とともに色が濃くなるのもごく普通のことで、その理由は色の原因であるメラニン色素と女性ホルモンは大きな関係があるからです。

 

妊娠中は黄体ホルモンが増加しますが、これはメラノサイトを刺激する力を持っていて、妊娠中の女性の乳首はそれ以前よりも濃くなるのです。

 

そしてストレスもメラノサイトを刺激する成分を分泌してしまいます。

 

ストレスは人間には切り離せないもの。ストレスを抱えてしまう時は何かしら発散する方法を持ち、上手に解消する術を身に付けておくのが良いですね。

 

そして、これから乳首の色を少しでも薄くしていきたいと思う人には、乳首をピンク色にするクリームがおすすめです。

 

これには美白成分が含まれていて、皮膚の新陳代謝のターンオーバーである4週間を目安に、徐々に色素の定着した皮膚から新しい皮膚へ生まれ変わらせていくというもの。

 

美白成分は顔に付けるホワイト二ングコスメにもたくさん使われているので、安心して使えます。

 

即効性はないので、ゆっくりと美白に励むのがコツと言えますね。